Q&A/導入の流れ


よくある質問

水道水に微量の食塩を溶かした食塩水を電解槽で電気分解して、陽極(+)、および陰極(-)からそれぞれ酸性ならびにアルカリ性を有する機能水です。
主成分が次亜塩素酸であり、強い殺菌効果や高い安全性から食品添加物(殺菌料)として厚生労働省に認められています。水溶液のpHの違いにより、強酸性電解水、弱酸性電解水、および微酸性電解水に分けられます。
【除菌・脱臭・漂白】
アルカリ性電解水は約0.2%程度の水酸化ナトリウムを含む機能水です。油脂やたんぱく質といった有機汚れに対して、高い分解・洗浄能力を持っています。
【分解・洗浄】
いいえ。飲料水としては飲めませんので、取り扱いには十分に注意を払うが必要があります。
さまざまな動物実験から安全性が高いとされており酸性電解水は手指などの洗浄にも有効性が認められています。
タンパク質や油脂汚れには洗浄作効果があるアルカリ性電解水を。除菌・脱臭効果を目的にする場合には酸性電解水のご使用をお勧めします。
洗浄・除菌効果が期待でき、電解水も残りませんので、安心してご使用できます。素材により色落ちするものもありますので注意してください。
アルカリ性電解水を使用してたわし等でよくぬめりを落とした後にスプレーボトルで十分に酸性電解水を吹きつけてください。その後に水道水で洗い流してください。
汚れの種類によっては十分な効果が得られない可能性もあります。一般の洗剤との併用をお勧めします。併用する際には併用する洗剤の説明書をよくご確認のうえお使いください。
電解水の安全性は確認済みです。
汚れの種類と度合いによりますが、油汚れにはアルカリ性電解水を、臭いのもとを除去した後に酸性電解水の使用により除菌してください。
発生してしまったカビには十分な効果は期待できませんが、酸性電解水で日々の手入れをすることにより発生を抑えることができます。ただし、タイルなどの目地に直接吹き付けないように気を付けてください。
生活空間での消臭・除菌には効果が期待できます。次亜塩素酸水対応の加湿器をご使用ください。超音波式、気化式のものを使用し、加熱式のものは使用しないでください。
遮光効果がある容器に保管し、冷暗所などで保管することにより、約1週間程度効果が維持できますが、出来るだけ生成した日にご使用ください。
排水時には十分な効力が無い水になっており、洗濯機からの排水であれば、通常の下水設備での処理で十分です。
気温5~35℃、水温5~30℃の範囲での使用が最適です。温度が上がると成分が気化していくため効果は薄れます。
『守る水』シリーズでは、生成される電解水に電解質が混ざらない構造と、酸性・アルカリ性両方の電解水を使用することができる点です。
お辛いですよね。消毒には欠かせないアルコールでの手荒れは、看護師や介護士の職業病とも言われています。酸性電解水はアルコールの代用でご利用頂くことが可能です、除菌の効果についてはコチラをご確認ください。
洗浄効果の高い塩素系漂白剤は他のものと混ぜなくても微量の塩素ガスが発生するといわれています。頭痛や吐き気はそのためと思われます。電解水の場合洗浄効果は薬品のレベルではないかもしれませんが、人体への悪影響はありませんので安心してお使い頂けます。
月額扱いとしてレンタルとリースの準備がございます。詳しくはお問合わせください。
まれに正規代理店でないところから販売しているケースがあるようです。その場合メーカーが故障に対しての保証や修理などの対応をさせて頂けない場合がございます。正規代理店からの購入を推奨いたします。
ノルマはございません。詳しくご説明させて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい。